巫女バイトの口コミ・評判

満足度
4.18 (口コミ:17件)
ランキング
短期バイト 人気ランキング 第8位

巫女とは、年末から正月の三が日にかけて、神社で参拝客にお守りやお札を販売する女性のことで、一度は巫女さんの衣装を着てみたいという女性に人気の高いアルバイトです。

神社が一番混み合う大晦日の夜から元旦にかけて奉仕するので、寒さに耐えられ、その中でもテキパキと笑顔で接客ができる人が向いているでしょう。

正月が明けて初詣の時は、お守りやお札、おみくじ売り場は長打の列となるため、立ち仕事が続き、中々休憩をとることもできない場合もあるので、見た目以上に体力勝負なバイトです。

※サービスや商品等の内容は変更している場合があります。また、口コミは過去のサービスや商品に基づいて投稿されている場合があります。最新情報は巫女バイトの公式サイトでご確認ください。

いい評判

毎年恒例、期間限定!巫女さんアルバイト
学生時代に近くの神社でアルバイトしていました。年末年始、どんと祭、節分、七五三など参拝者が多い時期に、社務所でのお守り、熊手、破魔矢等の授与、祈祷を希望される方の案内、お神酒のふるまいなどが主な仕事でした。日給で7000円~10000円ほどいただきました。宮司さんもとても優しく、一緒に働いていた方々も親切な方が多かったので、とても居心地の良いアルバイトで、「厳しくてツラい。」と感じることはほとんどありませんでした。
(りんごのこさん)

残念な評判

まだ口コミがありません。

口コミ・評判一覧

  • 憧れの巫女さんとして働けることが楽しく、何度でもやりたいと思えるアルバイトでした。
    大学生の時に、お正月の臨時巫女のバイトをしました。
    仕事の内容としては、大晦日には年越しの参拝客にふるまわれる御神酒を注いだり、お正月にはおみくじ・お守り・縁起物などの提供、お祓い処での神楽の太鼓叩きなどがありました。神社という非日常的な場所での仕事は、まるで学校の文化祭のように何を任されてもウキウキと楽しい気分で行うことができました。
    お給料は1日5000円ほどで、時給に換算すると決して高くはありませんでしたが、「憧れの巫女さんになれる」というオプションが最大の魅力だと思います。
    服装は、上が白色の着物で下が朱色の袴でした。初日に着付けを教えてもらうので、2日目からは自分で着付けができるようになります。真冬の時期ですから、外からは見えないよう中にヒートテックやレギンスを着るなど、それぞれ防寒対策を行っていました。ただ詰所の中にはストーブが置かれているものの、冷たい風が吹き込んでくるので寒さは本当に辛かったです。
    巫女のバイトで一番気をつかったのが言葉遣いです。おみくじやお守りは、「商品」ではなく「神様からの戴き物」なので、「○○円を支払う」ではなく「○○円を納める」と言う、「ありがとうございました」ではなく「よう、お参りくださいました」と言うなど、神社では独特の言い回しをします。初めのうちは戸惑いましたが、普段の生活をしているだけでは決して知ることのできない世界なので、貴重な経験ができたなと思っています。
    (あにらむさん)
  • 日本の文化を肌で感じられるアルバイト
    学生時代に数回、巫女のアルバイトをしました。働く場所によって仕事の内容がかわってきますが、お守りや絵馬を販売したり神殿でお祓いをした参拝客の方に御神酒をそそいだり、裏方作業として催し物の準備や配布物のセットなどしました。この仕事は特殊なので、参拝客の方につかう言葉遣いや礼儀作法を先輩の巫女さんから教わりましたし、袴も自分できなくてはいけないので、
    何度かやるうちに自分で袴を着れるようになりました。基本的に休憩時間にはお昼ご飯が用意され、おやつもあるので、結構至れり尽くせりです。また仕事中には神主さん達からは普段聞けないような神社のお話なども、聞けるのでとても貴重です。巫女さんは年齢制限もありますし
    募集している時期も限られるので、巫女の体験は誰もがやれるという訳ではありません。髪型やメイクについても厳しいルールがあるのでまずはしっかり確認することが大切だと思います。
    (フレンチさん)
  • 若い独身女性しかできない貴重な経験
    12月31日~三が日と、十日えびすの時期に時期に仕事を行いました。内容は主に、参拝者の方におみくじやお守りを渡したり、ご祈祷の補助やお神酒の配布を行いました。独身女性しかできない仕事のため、とても貴重な経験ができて楽しかったです。ただ大晦日の晩はとても眠たく、また、建物の中にはいるものの足元が冷えて非常に寒かったです。購入されたお守りを渡すときは「ありがとうございました」ではなく「ようお参りでした」と言うなど、通常の販売業では得れない知識もつき勉強になりました。
    (ぽぽたんさん)
  • 全てにおいて古き良きが好きな人ならとても楽しめるバイトです
    仕事自体はアルバイトというよりも神社のお手伝いという感覚でした、宮司さんやその奥さんがお年寄りだったりするのでそちらのコミュニケーションの方が大事です。初心者は参拝者にお神酒を注ぐという仕事で、それで巫女服での立ち振る舞いに慣れていきました。その後は先輩巫女にお神札場でお守りやお神札を売る仕事を教わります、そこまで混み合う神社ではないので仕事自体は苦ではありませんが、言葉使いには注意が必要でした。(商売ではないのでいらっしゃいませなどは言わない)
    最近は御朱印の仕事が多いので、知らないうちに着物を汚したり顔が汚れてたりすることがあるのでそこは気をつけないとなと思いました。
    また参拝者の方から神社の謂れなど聞かれた際に答えられないとバイトだとバレる感じがあまり良くないので、全く神社に関心がない人はやりにくいだろうなと思います。
    時給制ではなく日給制で1日一万円、時給に換算すれば1000円ちょっとくらいです。また私の場合は巫女長になったため、手当でさらにもらえたりしました。服装は巫女服で袴など借りる形ですが、特にクリーニング代などは取られませんでした。浴衣よりは袴で動きやすいですが、ちょっとトイレが大変かなというくらいです。袴を脱いでからトイレに向かうので余裕を持った方が良いです。
    正直仕事の割にはお給料がとても良い上に、神社の奥さんがお礼のお菓子をやたらくれるので満足というよりかはこんなにいいのか…と申し訳なさが出るほどでした。
    ただちょっと大変なのが、神社とやりとりするのがアナログに手紙だったり電話だったり、メールという手段がないのでこう言う付き合いができない人は厳しいかなと思いました。
    (いちかよさん)
  • 貴重な体験ができた神前式の巫女さんのバイト
    神前式の巫女をしていました。一生に一度の結婚式でお手伝いができとても貴重な体験でした。ただ、ミスが許されないので式の間中緊張しっぱなしです。式自体は30分ほどです。時給ではなく半日で3000円で、式が終わると神社の草むしりや掃除などの雑用を手伝います。家から遠い場所でしたので移動時間を含め拘束時間が長い割には安いと思います。服装は神社で準備してくれます。年始の初詣の時に巫女さんのバイトを募集するようですが、そちらは深夜も働くのでより給料がいいと思います。
    (とみーさん)
  • 女の子だったら一生に一度は経験してみてもいいバイトかな。
    年末年始の年をまたぐときの巫女バイトだったのですが、10時ごろから衣装に着替えてスタンバイ。
    11時頃からお守りの種類や言葉使い、金額等の説明を受けて窓口に座ります。足元に電気ストーブがあるけど、開けっ放しなので寒いです。
    12時になった瞬間、参拝客が押し寄せて、おみくじや破魔矢、お守り等を買い求める人の行列で寒さを忘れるほどの忙しさ。
    3時ぐらいにようやく落ち着き、あったかい甘酒の差し入れをしてもらい、交代で少し仮眠して、また朝の8時頃から初詣ラッシュで
    怒涛の忙しさ。そのまま忙しさで時間を忘れていた14時ごろまでのかなりハードワークでした。
    拘束時間は長いけど中々経験できるものでもないし、給与もお年玉込みで5万円と割りのいい仕事でした。
    食事は2回ついていましたが、どちらも正月なので結構豪勢なお弁当でありがたかったです。
    (ジャスミンさん)
  • 寒さに耐える事と言葉づかいには注意が必要ですが、それ以外は難しくなく、おいしいバイト
    高校生の頃、近所の神社で正月だけの巫女さんのバイトをしました。主におふだなどを売ったり、おみくじを売ったりでした。なかなか巫女さんの衣装をさせてもらえる事がなかったので、嬉しかったです。購入して頂いた際に、普通のお店では「お支払いは~円になります」と言われますが、神様に渡すお金という扱いですので「~円のお納めになります」とお伝えするように、事前に注意されました。時給は1000円で、高校生にしてはウハウハでした。また、大みそかから元旦にかけては来客者も多かった様ですが、元旦から3日間、昼間だけというバイトだったので基本的に暇でした。(もっと大きな神社は大変でしょうが…)言葉づかいだけは丁寧にと言われましたが、それほど厳しい決まりもなく楽しかったです。ただ、真冬に窓が開けっぱなしの状況でその前に座るという形ですので、足元にヒーターを置いてもらい、中に着込んではいましたが少し寒かったです。
    (NANAさん)
  • 真冬の野外なので、とにかく寒い。
    三が日の間、巫女とは名ばかりで実質的に売り子のアルバイトをしました。破魔矢やお守りなどの縁起物を、神社の前で販売する仕事です。
    なにぶん真冬で、地域がら非常に寒いので耳や指がかじかんで非常に難儀しました。それを考慮してか、休憩時間は頻繁に回ってくるのですが、それでもとても寒かったです。
    何年も前のことなのでお給料についてははっきり覚えていませんが、お正月のアルバイトということもあってそれなりの金額をいただいたように思います。
    (リビコさん)
  • お正月の巫女のバイトは寒さ勝負です。
    お正月に、初詣に来た方々に御守りやお札を販売したり、お神酒を薦めたりしました。
    巫女の衣装を着ることなんて人生に一度あるかないかなので、すごく神聖な気持ちになりましたし、貴重な体験をさせてもらいました。ただ、お正月という大変寒い時期なのですが、巫女の衣装着物の下には、長袖の肌着に足袋に下駄なので、とにかく寒かったです。しかし、寒い顔をせずに笑顔で!と言われたので、寒さをこらえるのが大変でした。また慣れない下駄で足が痛かったです。時給は、一時間二千円程度だったので、高時給だったと思います。
    (ゆぅちさん)
  • 期間限定で巫女さんになれます。
    年末でしたので、巫女の服装は寒かったです。
    ですが、憧れていた袴姿でしたなので、楽しく仕事が出来ました。仕事内容は、主に御守りを販売します。レジはありませんでしたので、電卓を使用して、金銭のやり取りをします。御守りの種類を覚えなければなりません。時給は高校生の割に高く、1000円前後でした。日数は2週間程度です。服装は袴の支給です。髪はカラーリング不可です。アルバイトの方は女性だけですので、安心して働く事が出来ます。
    (ごあきさん)
  • 普通のバイトとは違う、若い頃のいい思い出になるバイトでした
    私がお仕事をしていた神社は、地元の小さな神社でした。お給料は日給で一万円。個人的にはバイトというよりも新年を神社の巫女として迎えられることが嬉しく、長くやらせてもらっていました。
    ただ、何年経っても慣れなかったのが寒さです。大晦日の夜から深夜1時過ぎまで、元旦以降は早朝から夕方までのお仕事でしたが、外気にさらされての作業になるので、中にいくら着込んでも寒く、手はかじかみ、三が日が終わった時にはいつも疲労困ぱいでした。
    (Emilyさん)
  • ひとつの社会勉強としてはありです
    最初のきっかけとしては、ただ巫女さんの服が着たいから始めました。お札やお守りの販売を主にしていました。時給は800円台だったと記憶しています。時期はさんがにちから一月中で、寒い時期なので風邪をひきやすいです。持ち場によっては外だったり、長時間立ったままだったりで、体力的にはけっこうハードだったと思います。巫女服の下には見えないようにだったら私服を着てもOKでした。お参りなどで込み合う時期だったので、色々なお客さんもいます。そのあたりの対応に困ることもありました。初めてのアルバイトだったので、勉強にはなりました。
    (かがみさん)
  • いい経験をさせてもらったアルバイト
    私は、巫女さんの短期アルバイトを経験しました。日給制だったので、よく覚えていないのですが、時給は1000円位だったと思います。制服は貸与されましたし、着方もそんなに難しくありませんでした。10日えびすの巫女さんだったため、鈴をならしたり、アナウンス、笹を売るしごとなど、ローテーションで様々な仕事を行いました。1月だったのですが、ずっと外いたので寒かった覚えがあります。なかなかできないアルバイトなので、いい経験になりました。
    (ぷちちさん)
  • 一度は着たい!その一心で受けた巫女さんバイト♪
    私の働いた神社では履歴書を送った人全員が面接と筆記試験がありました。
    暗算が完璧に出来ないと落とされる人が多かったようです。
    面接時髪の毛が茶色くても黒に染める約束さえすれば問題ありませんでした。

    年末年始の仕事だったのですが、普段は入れない神聖な場所で働く事と、何より本物の可愛い制服を着る事があこがれだったのでとてもうれしかったです。
    人生な場所に多くの人がお参りに来るので忙しいかと思っていたのですが、練習もありましたし人数も多かったので思う様な忙しさもなく楽しく過ごしました。

    お給料も大変良かったので満足ですが家から遠く、シフトも早かったので一回限りで辞めてしまいました。
    (みこたろうさん)
  • 風邪を引きながら奮闘した巫女バイト
    学生時代に近所にある三島大社で正月3が日だけ巫女バイトをしたことがあります。巫女の衣装を着られるのはいいのですが、何せ真冬で深夜にグッズを売らなければならず、しまいには風邪をひいてしまいました。ホッカイロを貼って対応しましたが、巫女の衣装は下に何も重ね着できないところが難点でした。普段見られない大社の裏側を見ることができた上に独特の言葉遣いも学ぶことができたので満足でした。当時の時給で1100円だったのであまり報酬は多くはありませんでした。
    (桃ちんさん)
  • 巫女さんは誰でも出来るわけじゃないので、貴重な体験ができて良かった
    最初は巫女衣装の着付けが難しかったですが、めったに着れるものではないので着付けを覚えてからは楽しかったです。挙式などにも入りましたが、神前式を体験した気持ちになり良かったしいろいろと勉強になりました。ただ、化粧禁止(眉毛だけ黒なら入れていい)、ネイル禁止なのでほぼ素顔で人前に出ることと、冬場の場合だと巫女の衣装は薄くて寒いので、見えないところにカイロを貼ってがんばって乗り越えました。その2点だけちょっと微妙でしたね…。
    (カンナさん)

口コミを書く

タイトル必須(10文字以上)
コメント必須(100文字以上)
満足度必須(星5つがとても満足)
ニックネーム必須(3文字以上)
アイコン

口コミガイドラインを確認した上で、口コミを投稿してください。

ランキング

  1. 倉庫内軽作業バイト

    満足度 3.37 (口コミ:93件)

  2. イベントスタッフバイト

    満足度 3.92 (口コミ:66件)

  3. サンプリング・ティッシュ配りバイト

    満足度 3.65 (口コミ:43件)

  4. 試験監督バイト

    満足度 4.17 (口コミ:35件)

  5. 交通量調査バイト

    満足度 3.81 (口コミ:21件)

短期バイトの人気ランキングを見る