スーツケースの選び方(旅行日数別のサイズ)

スーツケースは、旅行期間や荷物の量に合うサイズ(リッター数)を選ぶことが基本です。また、種類やブランドも数多くあるので、自分のスタイルに合ったスーツケースを選びましょう。

サイズ

スーツケースの大きさは、リットル(L)で表すことが一般的で、お店でもリッター数順に展示されています。旅行の日数を目安にサイズを選びましょう。

日数サイズ説明
1泊20~30リットル1泊2日の出張や日帰り旅行に適したサイズ。小さいのでカバンやリュックの代わりとしても使えます。
2泊~3泊30~50リットル国内旅行やアジア圏の数日程度の旅行に合ったサイズ。機内持ち込みできるタイプも多いです。
3泊~5泊50~60リットル荷物が多めの国内旅行や短期間の海外旅行に向いている使い勝手のいいサイズ。
5泊~7泊60~80リットル1週間程度までの海外旅行におすすめのサイズ。寒い気候の国に行く時のかさばる服の収納にも。
10日以上(長期)90リットル~家族旅行や長期の旅行・留学・出張におすすめのサイズ。サイズや航空会社によって追加料金がかかるため要注意。

機内持ち込みのサイズ

機内持込可能なサイズは、国内線・国際線ともに、飛行機の座席数が100席以上で、スーツケースの3辺が115cm以内であることが一般的なサイズとなります。また、115cmの3辺の内訳が、幅40cm以内、高さ55cm以内、奥行25cm以内の定めもあります。

国内線の100席未満の小型の飛行機の場合、3辺が100cm以内(幅35cm以内、高さ45cm以内、奥行20cm以内)となるため、ボンバルディア製やエンブラエル製の航空機、プロペラ機を使用している便を利用する場合はサイズにご注意ください。

※航空会社によって、サイズの規定が異なる場合があります。詳しくはご利用の航空会社へご確認ください。

無料預け入れのサイズ

追加料金のかからない無料預入のサイズ制限は、ANA(全日本空輸)の国際線で3辺が158cm以内、JAL(日本航空)の国際線で3辺が203cm以内です。(サイズにはキャスターと持ち手部分を含みます。)

ANAは2013年に国際線のサイズ制限を203cm以内から158cm以内に変更したため、大型スーツケースも、158cm以内の商品が多く発売されています。

また、重さの制限は、国際線がエコノミークラスで23kg以内のスーツケースが2個まで、国内線が預ける手荷物の総量が20kg以内となっています。

※航空会社や行き先・機材によって、サイズや重さの規定が異なる場合があります。特に、LCCは、サイズ問わず荷物の預け入れには追加料金がかかる場合があります。詳しくはご利用の航空会社へご確認ください。

タイプ

スーツケースには、主にハード、ソフト、革張りの3種類があります。それぞれの特徴や違い、メリット・デメリットを確認しましょう。

ハードケース

一番ラインナップの多いタイプで、各メーカーから多種多様なハードケースのスーツケースが販売されています。素材はアルミやジュラルミン、樹脂製プラスチックなどが使われています。

丈夫でセキュリティー面も安心感があり、カラーバリエーションも豊富に用意されています。ポケットは付いていないので、小物を出し入れする時にも、蓋を開閉する必要があります。

ソフトケース

軽くて小型なタイプが多いため、使い勝手がよくリーズナブルなスーツケースです。チャックで開閉するタイプが多く、財布やカメラなど、移動中に中に入っている物が出し入れしやすいことが特徴です。

一方で衝撃や雨には弱く、鍵を付けていても生地を切り裂くことができるため、セキュリティー面はハードタイプに比べて劣ります。

海外の航空会社や空港によっては、スーツケースを必要以上に積み上げることや、積み込み・積み下ろしの際に投げるなど、扱い方が荒いこともあり、ソフトケースの場合、中身のダメージを受ける可能性があるでしょう。

革張りタイプ

トランクケースのように革が張られていて、高級感やデザイン性があるタイプです。高級ブランドのスーツケースには革張りタイプが多くあり、質感やクラシカルなデザイン性を重視される方におすすめです。

雨やホコリにはあまり強くありませんが、皮は使い込むほど味が出るため、旅を重ねるごとにスーツケースが変化していく楽しみがあります。

ランキング

  1. サムソナイト

    満足度 4.46 (口コミ:26件)

  2. リモワ

    満足度 4.23 (口コミ:13件)

  3. エース

    満足度 4.33 (口コミ:9件)

スーツケースの人気ランキングを見る