キリンラガービールの口コミ・評判

満足度
4.38 (口コミ:8件)
ランキング
ビール 人気ランキング 第5位

キリンラガービールはキリンビールの原点のビールで、1888年(明治21年)に誕生しました。

発売当時からラベルには「麒麟」が描かれていて、実はラベルのデザインは120年以上経った今もほとんど変わっていなく、世代を超えて愛されているビールです。

1990年にキリンの代表的なビールとなる「一番搾り」が発売され爆発的なヒットとなりますが、今でもキリンラガービールを好んで飲む人も多くいます。

※サービスや商品等の内容は変更している場合があります。また、口コミは過去のサービスや商品に基づいて投稿されている場合があります。最新情報はキリンラガービールの公式サイトでご確認ください。

いい評判

色々と寄り道しましたが、やっぱりこの苦みが忘れられません。
より熟成させることによりコクを極めたもの、余計なものを捨てあくまでさっぱりとした爽快感にこだわったもの、原料に徹底的にこだわり香りと旨みで他を圧倒するもの、どれも捨てがたい素晴らしい日本のビールたちです。
しかし、これらの要素をバランスよく持ちながら、さらにその上を行く独特の旨みを持つ強い苦みが最大の特徴です。酔いが進んでもしっかりと舌に残るその苦みは、つまみの味までも引き立たせ、飽きさせることを知りません。また缶のまま飲んでもこの苦みは缶の味に負けません。缶の嫌な苦みまで自分の見方にしてしまうような武骨さもまた魅力です。
色々とその時の気分やシーンに合わせて飲みたいものを選べる私たちは幸せものです。好きなだけ楽しめば良い。そして何年経とうとも必ず最後はここに戻って来る。そんな自信に満ちた風格さえ漂うビールです。
(ひ弱なラガーマンさん)

残念な評判

まだ口コミがありません。

口コミ・評判一覧

  • ビール本来の苦味のある大人のビール
    ビール本来の苦味をふんだんに味わいたい場合はラガービールがいい味を出しています。のどごしもよく、苦味が好きな方はゆっくりと味わいながら飲むのがよいですね。ただ苦味が苦手な方、特に女性には少し敬遠されがちな味わいと思います。また爽快感のあるビールではないので、ごくごくと飲み干すような感覚で飲むようなことは少ないと考えます。
    価格はプレミアムビールよりは安価で、購入しやすいです。スーパーでも普段から売っているビールですので、大衆に受けがよいと思います。この苦味はラガーしか持っていないため、出来るだけ今後もこの味が続いて欲しいです。
    (なべきちさん)
  • キリッとクールな飲みごたえのビール
    飲んだ時に喉にクーッと来る感じが、ビールを飲んでるという満足感です。
    味はどちらかというと苦め。夏の暑い日にしか、ビール飲みたくならないのですが、ラガービールを飲むとあー、これぞビール、と思います。
    あまり喉ごしが良すぎてスルスルと飲めてしまうと、飲んだ気がしなくて、物足りない気がします。
    例えば、キムチとかの濃い味のおつまみと一緒に飲んでも、ラガービールならビールの味が消えません。他のビールではつまみの味に負けてしまうので、どんなつまみとコラボしてもしっかり自己主張するラガービールは、私にとっては一番の、ビールらしいビールです。
    (はなはなさん)
  • 普通。これじゃなきぁ!ではない。決めてに欠ける。
    ビールは好きです。甘みや香料がないので、どんな料理にも合いますし、家でのカップラーメンにも高級レストランでもシーンを選びません。だけど女性から、それも毎日ではなく多くても週に1回くらいしか飲まないタイプの人にとっては、スーパーに行って一番安いのとか、なんとなくで選んでる場合が結構あるのではと思います。もちろん家族にこの銘柄が好きと決めていれば別ですが。例えばアルコール度数がちょっと高め、逆に低いもの(これはありますが最近見かけませんね)、1缶が多いから少なめの350mlのももっと種類があってもいいと思います。
    (ももんがもんがさん)
  • 国産ビールのスタンダード。ホップと苦味の美味しさ。
    純粋なホップの苦味、香ばしさ。いつものラガー。飲むなら瓶ビールで!
    ただし、最近は各社ともビール、発泡酒や第三のビールなど、様々な趣向を凝らしており、コストパフォーマンスを考えると、キリンラガーに限らず、既存のスタンダードビールも今後苦戦していくものと思われます。
    また、海外のビールも身近に手に入るようになっており、各人の好みの味や値段を考えると、選択肢の幅は以前と比較出来なくなってきているのではないでしょうか。
    特に約350ml、200円台前後代(スーパー等)に絞って考えると、仕事を終えて飲むビールは群雄割拠の時代ではないでしょうか。
    個人的には、カールスバーグのような純粋な苦味が好みです。
    (ポカママズさん)
  • 苦味がうまいと感じるビールです。
    キリンラガーは20年以上前から愛飲しているビールです。特に大瓶で飲むキリンラガーが大好きです。なんともいえないビールの苦味が病みつきになります。お風呂上りにキューと飲む最初の一杯のうまさは何事にも変えられないほどのものがあります。食事にもよく合うので夕食を取りながら飲んでも問題ないですし、焼肉のときに飲むと垂れの甘辛さとキリンラガーの苦味が口の中でマッチして、非常においしいと感じる瞬間であります。今後ビールの税金が下がると聞いているので今より安くキリンラガーを飲めると思うとうれしくて堪りません。
    (kazuさん)
  • これぞ昔ながらのビールと言えます
    味はまろやかながら最後まで透き通っています。のどごしは炭酸がそれほど強くはないので、ゴクゴクと飲み干せる程良さです。爽快感は飲んだ後、大いにあります。
    苦みは適度に入っていますが、飲んだ後までは残りません。最近一番搾りの苦みが段々物足りなくなってきており、ラガーを試しに飲んで、苦さが気に入ってます。
    香りは最近缶でしか飲んでないので瓶の方とは感想が異なるかもしれませんが、昔と比べ独特な香りが少なくなり、ホップのさわやかな香りの方が強くなってきている
    ので昔は匂いが気になり飲めませんでしたが、今の香りならすんなり受け入れられます。
    (わたーぬさん)
  • 日本ビールの原点、日本のビールはここから始まった
    なんと言っても、本来のビールの味である苦みですね。
    本当のビールの味は苦みで決ります。
    長年にわたって飲み続けられているのには、理由がありますね。
    他のビールにない、似たり寄ったりでない、ラガーにしかない味があるからでしょう。
    私はお酒を飲むときには何か食べないと飲めませんので、この苦みと喉ごしがちょうど食べ物にあいます。
    そしてその苦みが泡と共に口の中で、スッ!と消えて、そのあとの爽快感!
    中華料理の紹興酒、フランス料理のワイン的な位置づけで、私はラガービールを飲んでいます。
    他のビールと比べてあと味が残らず、口の中をすっきりとさせてくれます。
    最近は苦みもマイルドな口当たりの良いビールが女性を中心に受けていますね。
    しかし、そんなビールはビールの本場のドイツに行くと、ソフトドリンクの位置づけですよ。
    でも最近はラガーが店頭でも減ってきていて、少し残念です。
    (tmnet0909さん)

口コミを書く

タイトル必須(10文字以上)
コメント必須(100文字以上)
満足度必須(星5つがとても満足)
ニックネーム必須(3文字以上)
アイコン

口コミガイドラインを確認した上で、口コミを投稿してください。

ランキング

  1. アサヒスーパードライ

    満足度 4.56 (口コミ:72件)

  2. サントリー ザ・プレミアム・モルツ

    満足度 4.50 (口コミ:30件)

  3. ヱビスビール

    満足度 4.41 (口コミ:22件)

  4. キリン一番搾り

    満足度 4.13 (口コミ:15件)

  5. キリンラガービール

    満足度 4.38 (口コミ:8件)

ビールの人気ランキングを見る